月別アーカイブ: 2015年1月

運動不足の日々。。。

山登り以来、一度も運動していなかったので、昼から6km程度運動してきました。

どうしても運動へのモチベーションが下がっていたので、一番好きなジョギングスポットにしました。

2015-01-25-12.04.45

レインボーブリッジとお台場

以前は、大森の自宅から片道10kmをがんばって走っていたのですが、最近は運動から遠ざかっているので、橋の下までバイクで行って、橋の上からスタートという、おさぼりゆるゆるモードです(;^_^A

10日くらい前にスポーツクラブでベルトコンベアで走ったのですが、実際に自分の足で地面を蹴るのは、ベルトコンベアと負荷が違いますね。

たった6kmでも太陽もでていたし坂道もあって、汗を一杯かきました。

2015-01-25-12.31.41

距離的には、かる~く運動した感じです。

最後はコナミ本店で風呂して、帰るついでに大森で物件の写真を撮って、事務所に戻ってきました^^

2015-01-25-12.04.43

 


昼ご飯

今日はTOC五反田の地下にある店で、メガ盛りの看板があった。

400gのご飯に・・・という文字があり、おなかが一杯になることを期待してチャレンジしてみた。

2015-01-24-11.57.57

食べてみると、メガと言うより、普通の大盛だった。

でも、充分おなかいっぱいになって、味もそこそこおいしかったので、良かった。

税込930円でした

 

 


ちょっと高そうな卵

今日、吉祥寺駅から渋谷に行く途中の電車のこと。

がらがらの電車内で、前に座っている女性のスーパーの袋の底が破けて、中身が落ちそうになっていた。

thumb

よく見てみると、高そうな卵の箱が落ちそうになっていた。

おそらく知らないまま歩いていると、必ず卵や中身がすべて落ちて、高そうな卵がかわいそうなことに。。

でも、指摘すると恥ずかしい思いをして失礼かもしれない。。。

 

ちょっと葛藤したけれど、

人も離れて座っているし失礼と思われてもいいや、高そうな卵が落ちてその人がかなしい想いをするくらいなら、

と思って「卵、落ちそうですよ」と声をかけた。

やっぱり失礼というか、恥ずかしい思いをさせてしまったようで、お礼もなく、かいもの袋から卵を取り出していた。

 

でも、ここで話が終わるかと思えば、違っていた。

 

その方は、その食材をいれる代わりの袋がなかった。。。。

そして、破れた袋を手に、こまったような動作をしていた。

僕も、カバンの中に袋があれば黙って渡すつもりだったけれど、なくて声をかけたので、どうしようもなかった。

困った。。。

 

と思っていたら、離れたところに座っていた別の女性の方が、カバンからスーパーの買い物の袋を取り出し、差し出した。

女性は、会釈をして恥ずかしそうにしながら受け取り、食材をその袋につめていた。

なんだか、見ず知らずの人の連係プレーで高そうな卵をすくったような気がして、うれしい気がした。

 

女性は、何も言わずに電車を降りていった。

でも、それもまた良かったと思う。

お礼よりも、高そうな卵を救えたことのほうがうれしい気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


神奈川 大山登山

登山、といっても1200m程度の山ですが、ウズベキスタンの友人と山登りしてきました。

道中、男坂と女坂があるのですが、まずは男坂で男を試し、帰りはやさしい気持ちで(?)女坂から降りてきました。

大山は、山頂付近だけ雪がついていました。

やっぱり雪がすこしあると風情があります。

すこし下山をすれば、もう雪のない世界です。

とてもいい運動になりました。

ooyama

 

ウズベキスタンの友人とはひさしぶりに会うのと、移動から山登りの間から、いろいろな話をすることができました。

大手町の世界的に有名な外資系の証券会社に勤めているので、とても奥深い話を聞け、すごく勉強になりました。

仕事はハードだそうですが、ぜひぜひがんばって欲しいですね^^

 


工場見学

ITの仕事でもなく不動産の仕事でもなく、知人が事業をするかもしれないので、知っている設備会社に知人を紹介するための工場見学(装置見学)に行ってきました。

工場見学

工場見学

なんの機械かは書けないのですが、知人にとって、かなり大きな事業になる可能性があります。

私は元製造業で33年やってきていたので、知人の事業にある装置になるよう、能力から環境からメンテから製造方法までいろいろアドバイスができました。

グルンドフォスのポンプ、といってもわかる人はあまりいないと思いますが、そういう特殊なところの装置です。

この装置が国の社会事情を変える可能性もあるので、とても有意義な紹介になりました。

 

あと、紹介して終わりと思っていたら、あまりにも装置の価格や製造法、そしてメンテ、コストダウンの手法なども詳しいので、ひょっとしたら事業立ち上げまで手伝うかもしれないです。

私は製造業時代、自動化や自働化(この意味の違いがわかる人は製造業)、そしてコスト半分、生産効率倍以上とか良くやっていたものです。

私の父は、私が自働化装置をつけたことで一人でも仕事ができるので、今年80になりますが、今でも製造業を続けています。

 

事業は、設備をして終わり、ではなく、いかに能率良く生産性を向上させ、安全に正確に作れるかまで考えないといけないので、そのノウハウを持っている人は知人のまわりにはどうも私一人のようです。

社会のためになる、よい事業の手伝いができるのはうれしいことです。

ひょっとしたらの話ですが、また製造業の事業もやることになるかもです。

 

 


賃貸の物件の決め方

2月3月は、良い物件ほどすぐに入居が決まります。

南向きで日当たりが良くて少し安い物件は、情報が出れば瞬殺といっていいくらい、すぐに決まります。

悩んだり熟考されることも大切ですが、気に入った物件が見つかれば、ネット上の情報を最大限収集し、現地にすぐに見に行って環境だけでも確認しておくなど、早めに行動されることをおすすめします。

 

 

もちろんその際には物件が決まっていないかどうか不動産業者に問い合わせ、まだ先約が入っていないことを確認の上で行動されることをおすすめします。

ただ、下見をされたあとに申し込みをしようとしたら、その間に決まってしまうこともあります。

滅多にないのではなく比較的良くあることで、入居が決まるのは早い者勝ちなので、さんざん時間をかけたあとにそうなってしまうこともあります。

悔しい思いをされるかもしれませんが、こればっかりは仕方がないことです。。。

 

特に、掘り出しものの物件を見つけようとしている方はたくさんいらっしゃいます。

毎日数百人~数千人が物件情報をチェックしていますから、良い物件ほど、すぐに決まりますので、その点ご了承ください。

 

 

賃貸の注意点です。

 

決まった物件情報は、数日の間、ネット上で「入居可」と表示されたままになっていることもあります。

また、おとり広告といって、わざと良い物件だけは消さずに「入居可」のままにしているサイトもあります。

そして、問い合わせがくるのを待って、「この物件は、もう決まっていますね」と、問い合わせた見込み客に別の物件をすすめることも、、、

良い業者も多いのですが、一部、そんなことをする業者もいますので、充分気をつけていただきたいと思います。

 

ついでですが、「仲介手数料半額」と書いているけれども、礼金が他の業者の2倍だったりすることもあります。

私が上京したときも、同じ物件で、礼金がその業者だけ2倍だったことがあります。

江東区の東西線の駅近くにある大手有名チェーン店でしたが。。。

 

担当者は親切でしたが、会社は違うこともあります。

参考になれば幸いです。


引っ越し料金を安くするために

もうすぐ春がやってきます。

そして春は、引っ越しの季節です。

引っ越し料金を安くするために、覚えておいていただきたいことを書こうと思います。

 

まず、引っ越しは、入居日が決まらないと引っ越し日もきまりません。

引っ越し業者への引っ越しの見積もりも、入居日が決まらないと、高めに見積もられることになります。

 

引っ越し料金を安価にしたいのであれば、引っ越し業者に引っ越しの日程をある程度の期間を提示し、その期間内で業者に引っ越しする日を決めてもらうと、かなり安価にできます。

土日は予定がぎっしりですが、平日はヒマをもてあましていることもあり、平日になることが多いのですが、場合によっては土日の場合の半額近くまで安価になることもあります。

個人的な体験では、なんだか申し訳ない気になるくらい安価になった経験もあります。

 

当然ですが、土日はもっとも高くて、続いて金曜日と月曜日が高くなり、火水木はかなり安価になりやすいです。

といっても2月末くらいから4月の中旬までは、基本の引っ越し料金も高くなりますし、引っ越しの時間や日程の融通が利かなくあることもあります。

できるかぎり、この期間を避けられるならば避けた方が引っ越し料金も安価にできます。

安くなりやすいのは、1月~2月中旬、そして4月中旬以降です。

 

 

しかし、2月末にかからないためには、1月上旬~中旬に引っ越し先を決めなくてはならないです。

今住んでいるところも、退去一ヶ月前には告知しなくてならないので、2月中旬の引っ越しの日程を考えると、もう今頃(1月中旬まで)の引っ越し先の決定が必要です。

なかなかこの時期に引っ越しを決められる人は少ないかもしれないですね。

 

 

あと、ちいさな引っ越し業者は、小回りがきくとおもわれるのですが、キャパ(対応力)がもともと少ないので、高くなることもありがちです。

受注してもキャパがないので、さばけないことになるリスクが高いので、高くてもよければやります、ということも。。。

 

逆に大手は、たくさんの車両をなるだけ稼働させたいので、必死に受注を目指すので、安価になることも多いです。

また、マンパワーもあるし、いざというときは夜にも対応したり、なかなか柔軟です。

意外ですが、大手にはなるだけ稼働させたい大手の事情があり、インフラもあるのでコスト対応力も強いのですね。

 

値引きが大きいのは、これまでの経験上、関西系の引っ越し業者のような気がします。

無理を言っても比較的聞いてくれることが多かったので、、、

 

あと、安価な引越の方法で、荷物が少ない場合は、軽トラックとか赤帽とかの引っ越しもあります。

ただ、荷物移動を手伝わないといけないこともあります。

また運転手も引っ越しのプロではないので、養生(保護)のノウハウもすくないので、壁を傷つけたりするトラブルも心配なこともあります。

物を運ぶことは同じでも、運送と引越は別物です。

そういったデメリットも承知の上で依頼されるのは良いと思います。

 

実は、私も引越業者でアルバイトをしたこともあります。

荷物を安全に運ぶための持ち方や運び方など徹底的にたたき込まれ、すこしでもおかしな運び方をすると激しい叱責をされた記憶があります。

段ボールの持ち方や手渡しの仕方からはじまり、重い荷物、ピアノ、タンスなどを持つときの持ち方・運び方など非常に細かなところまで、引越の技術についてとてもよく考えられていたものです。

引越業者(プロ)は、安全にてきぱきと運ぶテクニックをたたき込まれていますので、やっぱり個人的には引越専門の業者をおすすめします。

 


VIP待遇

VIP?

VIP?

とある展示会から、VIP待遇の招待状が届きました。

別にVIPでもないのですが^^;

これまでのVIP招待状は、VIPラウンジでコーヒーを飲めたりするくらいでしたが、今回はなんとランチ券もあるとのこと、すごいですねえ。

もともと行く予定だったので、ラッキーです。

そういえば、今日からこの展示会もあります。

unnamed

こちらも行きたいけれど、時間がとれるかな?


物流博物館

物流博物館 に行ってきました。

HPに書いたのですが、意外とたのしめました。

飛行機輸送、鉄道輸送、トラック輸送、海上輸送、そして物流にかかわるさまざまな人たちを取り上げているので、とても興味深かったです。

物流博物館、おすすめです^^